9月第3週

Contents
不正防止とプライバシー保護技術
IBMは2021年のデータ侵害のコストに関するセキュリティー調査レポートを発表し、COVID-19パンデミック以前と比較して、データ侵害インシデントにかかるコストが増大したことを明らかにしました。
データ侵害を含めた不正行為を防止するために、秘密計算や連合学習をはじめとしたプライバシー保護技術の活用が進められています。
9月第3週号では、不正行為が増大した背景や、不正行為を防止するプライバシー保護技術の概要・活用例について解説しています。